当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す整体院です。

カイロプラクティック ファイン


ビタミン、食物繊維について

ビタミン 概論

ビタミンは熱源とはなりません。微量で体内の代謝を調節する物質でありますが、体内ではほとんど作られないので食物として摂取しなければならない有機化合物であります。脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンとがあり、一般の食品に多く含まれています。
v    88.jpg

ビタミンの分類

脂溶性ビタミン------------ビタミンA,D,E,K
水溶性ビタミン------------ビタミンB¹,B²,B⁶,B12 ナイアシン、パンテノン酸,葉酸、ビオチン、ビタミンC  このように分類されます。

ビタミンAについて

動物性食品にも含まれるが、植物性食品にはカロチンとして存在します。カロチンは吸収された後、体内でビタミンAに変わるためプロビタミン(Ąの前駆物質)と呼ばれます。特にβカロチンと呼ばれる物質が、ビタミンAとしての生理作用が最も強いが体内ではビタミンAの1/3の効力しかありません。ベータカロチンは緑黄色野菜の多く存在し脂肪と一緒に摂取すると吸収が良くなります。しかし、脂溶性の為簡単に排泄されず、大量に摂りすぎると過剰症となり頭痛、吐き気脱毛を起こします。欠乏すると夜盲症などの眼病に罹りやすくなり、また、骨や歯の発育も悪くなります。
A 09.jpg

ビタミンDについて

成長の促進、特に骨や歯に対するカルシュウムの沈着を促すビタミンで小腸におけるカルシュウムの吸収を促進させる働きを持つので、欠乏すると骨の石灰化が不十分となって軟弱になり、小児ではクル病、成人では骨軟化症を引き起こします。ビタミンA同様過剰症もあり、血中のカルシュウム量が増加して内臓器官(心臓、腎臓、血管壁)に石灰質の沈着を起こす。以前、筋肉は硬い方はカルシュウム不足で腰痛、肩こり、頭痛が起こりやすいと述べましたが、このビタミンDもとても大切です。
D 90.jpg

ビタミンEについて

体内では不飽和脂肪酸の酸化を防ぎ、生体膜の安定作用を保ちます。生体膜はリノール酸のような不飽和脂肪酸が構成成分となっているため、酸化された物質により膜の作用が低下すると老化の原因となります。この低下を防ぐのがビタミンEで頭痛、不眠、手足の冷えなどの更年期障害の改善に有効的で、血行を良くし肌の老化防止にも役立つ。ビタミンCと一緒に摂ると働きが高まります。抗酸化作用をいかして油脂などにも添加されています。
E     88.jpg

ビタミンKについて

血液の凝固に関与しており、主に納豆や緑黄色野菜に多く含まれます。腸内細菌が合成するため欠乏症はまれですがビタミンKの吸収には胆汁が必要なため、閉塞性黄疸にのような時には欠乏症が起こりやすいです。
K 88.jpg

ビタミンB₁について

特に糖質代謝を円滑にするビタミンで、糖質を多く摂取するほど多くのビタミンB₁が必要となり、欠乏すると疲労感や食欲不振、肩こりなどを引き起こします。ビタミンB₁は偏った食生活(清涼飲料水、甘いお菓子、インスタント食品などの多量摂取)をしている人や喫煙、飲酒などによって不足しやすいです。
B1    88.jpg

ビタミンB₂について

糖質、脂質、タンパク質の代謝に重要で腸内細菌によっても合成され、一部吸収される。不足すると、口内炎や口角炎、肌荒れ、髪のトラブルが起こりやすいです。

ビタミンB₆について

アミノ酸代謝に関与し、タンパク質の摂取量が増えると必要量は増加します。ビタミンB₆は腸内細菌が合成するので欠乏はあまり見られないが免疫機能を正常にするうえで必須のビタミンなので不足するとアレルギー症状が出やすいと言われています。
B6 88.jpg

ビタミンB₁₂について

多くの食品に含まれているので欠乏症を引き起こすことはすくないです。ビタミン₁₂は葉酸と協力して赤血球のヘモグロビンの合成を助けます。不足すると造血の機能がうまくいかず赤血球が減少したり、異常に巨大な赤血球ができて貧血を起こします。また、植物体にはなく動物性食品にのみみられるので菜食者は注意が必要です。
B12    88.jpg

ナイアシンについて

必須アミノ酸のトリプトファンから体内で合成されビタミンB₁同様熱量の代謝に関与します。また、アルコールや二日酔いの元になるアセトアルデヒドを分解する働きを持ちます。欠乏するとペラグラを起こし皮膚の赤褐色化、胃腸障害、不安感などの軽い症状が現れる。
NIACIN 88.jpg

ビタミンCについて

紫外線、風邪ウィルス、ストレス、ガンなどに対して抵抗力や治癒力を持っていてコラーゲンの生成に関与しています。不足すると皮膚が荒れたり、アザができやすくなります。ビタミンCは酸化されやすいので新鮮なうちに食べる方が良い。主に果実に多く含まれます。
M 88.jpg

食物繊維(ダイエタリファイバー)

1994年3月に「第5次改定日本人の栄養所要量」が発表され食物繊維は「人の消化酵素で消化されない食物成分」と定義されました。1976年に食物繊維は、「人の消化酵素の作用を受けない植物細胞膜の構造残液」と定義されていたが、その後動物性多糖類であるキチン、キトサンなどが植物性の難消化性多糖類に似た生理的意義えお有するとの報告がなされ今回の定義では動物性食品由来の物質も食物繊維から除外しなくなりました。便秘などの改善に有効です。
SYO  SENNI   88.jpg

カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
水~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日、火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ