当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す治療院です。

カイロプラクティック ファイン


ファインの症状別見解

syoujou1.jpgsyoujou2.jpgsyoujou 3.jpg
ここでは腰痛・肩こり・頭痛などの各症状について一般論ですがなぜこのような症状が起こるのか、どうしたらいいのかを解説させていただきます。

                                       
なぜ腰痛になるのか?

腰痛になる一般的な解説をさせていただきます。腰が痛いと訴えてきたAさん(女性 25歳 事務職)を元に解説いたします。まず、横から撮った姿勢写真を見てください。

abe 1.jpg 特徴といたしまして骨盤が前に出ています。そして背中が盛り上がっています。このため上半身の重みが腰へ向かっています。つまり、上半身の 重みを腰だけで支えている状態です。本来は腰から下部、下半身全体で上半身を支えなければいけないのです。従って腰だけでなく足全体も強化する必要があります。特にひざ、ふくらはぎ、足首の筋肉を緩め必要に応じて特に足首の関節などを矯正いたします。これを繰り返します。なぜなら今までの悪しき習慣から身体を脱却させなければならないからです。 Aさんはさらに、足の冷え、肩こりなどいろいろな症状があり、大変でしたがしっかり頑張って4ヶ月後には別人のようになりました。(髪型も変わっていて本当に素敵な女性になりました。
abe2.jpg こうなるといいですね。


腰痛についてさらに詳しく説明していきます。腰痛は二本足で立つ人間にとって最も起こる症状です。下からしっかりと支えるためには最低脚は三本必要なのです。だからカメラを固定するのを「三脚」というんですね。あれが「二脚」だったら傾きますね。なので人間は傾きやすい、特に骨盤が傾きます。骨盤が左右に歪みます。そして背骨が歪んでいきます。背骨が歪んで狭くなった所から筋肉、血管、神経の圧迫が始まり、コリ→痛みへと変化していきます。    逆に犬や馬は腰痛になりません。                        y2.jpg               y3.jpg  犬は腰痛になりません。

従いまして、我々の身体は腰痛になりやすいので注意しましょう。足腰を常に衰えないように心がけましょう。我々人間にとって模範となるべき、「二本足で動いて足が強い動物」は何でしょうか?
ostrich 1.jpgですね。二本足で速く走るので足が強いはずです。

なぜ肩が凝る? 

次に肩が凝る原因を説明させていただきます。もう一度先ほどの女性の写真を見てください。abe 1.jpg  

足が前に行っている分だけ背中が盛り上がっています。こうしないとバランスが取れないわけですね。そして頭が前にあります。これもバランスを取るためですね。頭が前に行くと肩の負担が大きくなり肩が凝るのです。見方としては肩が凝らない姿勢は肩の真上に耳があります。ところがこの女性は耳が肩の真上よりはるかに前へ出ていますね。耳一つ分前に出ていると言ってもいいでしょう。これでは肩が凝ります。
abe2.jpg   左写真参照;これで肩こりもなくなったと言われました。

なぜ頭痛がするのか?






なぜ頭痛がするのか?まず、次の画像を見てください。頭痛がする方をレントゲン写真で撮ったものです。頭が前に行っています。肩こりと同じ状態です。実は肩こりと頭痛は併発しやすいのです。正常な形と比較してください。

Z12.jpgZ22.jpg
当然ながら重力が作用しますので、左図のような頸椎だと頭部へ向かう動脈(頸動脈)は流れにくくなります。頭蓋骨周辺で詰まりやすいのですね。そして、頭部への酸素・栄養の供給不足になり頭痛が起こるのです。


なぜ足が冷えるのか?

もう一度先程の写真をご覧いただきます。
abe 1.jpg
この方は、腰痛、肩こりの他にも「足が冷えて辛い」とおっしゃっていました。まずひざが曲がっていますので真っ直ぐの場合よりはるかに足へ向かう血流は悪くなります。また、骨盤も前へ出ているので腹部からだ大腿部への血流も悪くなっています。また、足腰の歪みによって筋肉も硬くなり、血流も悪いため足が冷えるのです。この方はやがて下図のようになって足の冷えも良化いたしました。

abe2.jpg
こうなるといいですね。

カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
火~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日
第一・第三火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ