当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す治療院です。

カイロプラクティック ファイン


不健康になる最大の原因は「身体の冷え」です。

  このコーナーでは「身体の冷え」について詳しく解説させていただきます。
現在、不健康になる最大の原因は「身体の冷え」cold1.gif と言われております。
しかし、多くの方が「身体の冷え」について正しく理解されておりません。
ぜひとも読んでいただき たいコーナーです。特に女性の方に読んでいただ
きたいです。(2016.9.14 記)



1.「冷え」は万病の元

近年漢方医学が見直されています。テレビのコマーシャルでよく見かけますが「未病」という言葉をご存知でしょうか。これは「病気ではなくて健康だ。」 といった意味ではなくて「調子が悪いのだけど病気とは言えない。」状態のこと を言います。そう、「未だ病に至らず。」という意味です。これは、西洋医学の 見解では「健康」と「病気」の間の「半健康」といった表現をいたします。 そして「病気」。「病」のうち現代では大半が生活習慣病です。つまり、細菌や ウィルスによる感染病よりも、ガン、
糖尿病、脳疾患、痛風、といった日常生活 に起因する生活習慣病でお悩みの方がほとんどです。

ここで生活習慣病についてご説明させていただきます。ガン、糖尿病などといった 病気は「成人になったらかかる病気」とされ
「成人病」と命名されてきました。 しかし、これらの病にかかった方々の睡眠状態、食事状態、運動状態などを調べると、飲酒、
喫煙、睡眠不足、運動不足など生活習慣に大きく起因
していることがだんだんと判明してきました。そこで平成8年、当時の厚生省・公衆衛生審議会が生活習慣に起因する「生活習慣病」と命名したのです。そして、病気とまでは言えませんが、腰痛、肩こり、頭痛、足の疲れ、手足が冷たくて辛い、などの体調不良も「骨格の歪みから来る身体の冷え」が原因です。 すなわち、骨格の歪み
→身体の冷え→血行不良→体調不良(腰痛、肩こり、頭痛など) といった過程を経てどんどん身体が弱っていきます。

ファインでは骨格の歪みを取り除くのと同時に身体の冷えにも重点を置いています。 身体の冷えを取り除くことによって血行、筋肉の状態、神経圧迫などを改善して皆様の健康状態を向上させていきます。
HIE 1.jpg


2.かつては「肥満」が万病の元でした。

 かつては「肥満」が万病の元ろ言われてきました。これはアメリカの影響が大きかったと思います。
アメリカは言うまでもなく「肥満大国」です。肥満率も世界トップクラスです。その為平均寿命が
世界一の経済大国にもかかわらず、平均寿命ランキングは約20位前後でした。これではいけない、
と立ち上がった議員がいました。国民がもっと栄養学を学び、栄養バランスの取れた食事を摂って
肥満問題を解消するべきだ、と膨大な論文が発表されました。これが有名な「
マクガバン。レポート」
です。

1975年フォード大統領(当時)は民主党の副大統領候補でもあったジョージ・S・マクガバン上院議員を委員長とする栄養問題特別委員会を設置。同委員会は77年に「アメリカ合衆国上院議員栄養問題特別委員会報告書」(通称;マクガバンレポート)という
5000ページにも及ぶ膨大なレポートを提出したのでした。

確かに「肥満」は健康の大敵です。しかし、この肥満も原因は「身体の冷え」に起因していることがだんだんと判明して参りました。例えば、体温が1度下がると代謝力が約20%下がる、といったデータがあります。代謝力が下がれば本来排泄するべき老廃物
が体内に残ることで肥満になります。そうなれば、足腰に過大な負担がかかって身体を歪めないと身体を支えられない状態になり
どんどん不健康になっていきます。そして身体がますます冷えて--------といった悪循環になっていきますね。いぜれにしても、
肥満はいけません。正常な体重を心がけましょう。

標準体重は(身長-100)×90%  です。身長が170センチなら(170-100)×90%=63kg となりますね。HIMAN 1.jpg
    

3. 一度体温を測ってみましょう

一度、体温を測ってみましょう。体温を測るのは風邪をひいた時だけ、の方も多いのではないでしょうか。そして当たり前のように36.5度あると思い込んでいませんか?実は、現在、体温が36.5度以下の方が非常に多いのです。午前9時に測って35.5度前後の方が非常に多いのには驚きます。実は
体温が1度下がると
免疫力(病気を治す力)-----------約40%低下
代謝力(老廃物を排泄し、栄養を吸収する力)--------約20%低下します。
体温は一日のうちで変動しています。午前9時で測ってみてくださいね。おそらく思っていたよりも低いかと存じます。

t1.jpg


4.なぜ我々の体温が下がってしまったのでしょうか?

ここで我々の平均体温が下がってきたのは何故か?について考えてみましょう。一つの原因として、エアコンなどの急速な普及です。一家に一台から一部屋一台の時代になってきました。さらに公共施設、客用施設(デパートなど)では当たり前のように冷房が
かかっております。こうして我々の身体はどんどん冷えていくわけです。次に南国の食品の輸入増大、といった点も挙げられます。
私が若いころの南国のフルーツと言えば、バナナとパイナップルしかありませんでしたが、今ではマンゴー、ドラゴンフルーツなど
たくさんの果実が輸入されるようになりました。南国の食品は「身体を冷やすことで体調を整える」ものです。それを、日本で南国と同じ調子で食べていては身体が冷えますよ。次に国内では野菜や果物に「旬」がなくなったことが挙げられます。ナスやキュウリは夏野菜で「身体を冷やして体調を整える」食品です。今ではハウス栽培で秋でも冬でも食べられるようになりました。摂取しすぎないようにしなくてはいけませんね。

こうして我々の身体は冷えていき、ひいては腰痛・肩こり・頭痛などの体調不良を訴える方が多くなったのです。

e1.jpg                                       m1.jpg


身体が冷えるとどうなるか?

身体が冷えるとどうなるか、具体的に解説いたします。

1.免疫力が低下する。
<解説>身体は熱を発生することで外部からの細菌の侵入を防いだり、体内の細菌バランスを保っています。しかし、体温が低下することでリンパ球が活性化されず細菌と戦えないため風邪や感染症にかかりやすくなったり、アレルギーになりやすくなります。ちなみにガン細胞が最も増殖しやすい体温は35.0度と言われております。35.5度なら免疫力は約40%低下します。

2.基礎代謝が低下する。
<解説>基礎代謝が低下することで、エネルギー産生が減り、脂肪を燃焼しにくくなり太りやすくなります。そして、作り出すエネルギーが少ないために消化能力も落ちてしまうので胃腸の調子も悪くなり、栄養の吸収力も低下します。

3.体内酵素活性が低下する
<解説>体温が低いと酵素が上手に働けず栄養素が十分に吸収されないためエネルギーを作り出すことができなくなり、疲れやすくなります。

4.不妊症になりやすくなってしまう。
<解説>産卵をする生物はその生物によって決まった温度でタマゴを孵化させます。哺乳類はそのタマゴを体内で温めて孵化させているわけですから体温が低い状態ではタマゴを育てるだけの子宮の環境が整いません。つまり、タマゴがきちんと育たないことでの不妊、流産ということになってしまいます。

HIE 3.jpg
(2016.12.7 記)


やっぱりタバコは止めましょう。

タバコの害はいろいろと取り上げられているので皆様もご存知かと思いますが「身体の冷え」という観点から喫煙について述べます。タバコを吸うと血管が縮みます。身体の冷えは血液循環の悪化が主な原因なので血流量が減少するのでやっぱりやめましょうね。最悪の事態では、血管壁がくっついて足などが壊疽する病気「ビュルガー病」になります。ビュルガー病にかかった方の90%は喫煙歴のある男性です。
TTT13.jpg
(2016.12.16 記)

    
身体を冷やす食品、温める食品をご紹介いたします。-------1 (2017.2.10記)

今回から「身体を冷やす食品、温める食品」を具体的にご紹介いたします。漢方医学では、身体を温める「熱・温」と身体を冷やす「寒・涼」そのどちらにも属さない「平」に食品を分類しています。様様な食品を摂ることとともに温かい料理にするということを念頭に取り入れてみてはいかがでしょうか。本日は「身体を冷やす食品」つまり、「寒・涼」の食品のうち以前にもご紹介した夏野菜、果物をご紹介いたします。

野菜;キュウリ、トマト、ナス、ほうれん草、大根、セロリ、ゴボウなど
果物;バナナ、スイカ、梨、柿など

野菜では「夏野菜」といわれるキュウリ、ナス、トマトが要注意、果物ではバナナ、スイカなど南国から入ってきたものが要注意です。

B 23.jpg


身体を冷やす食品、温める食品をご紹介いたします。-------2 (2017.2.11記)


今回は飲料、嗜好品をご紹介いたします。

身体を冷やす飲料・嗜好品;コーヒー、ビール、ワイン、ジュースなどです。読者の中には頭が痛くなるような飲料が入っていると思われます。まず、コーヒー、これは原産地がアフリカです。南国の食品は身体を冷やして体調を整える物が多いです。嗜好品ではビール、ワインがそうです。逆に身体を温める嗜好品飲料としては、紅茶・日本酒などが挙げられます。


KOU 34.jpg

一日、一杯でいいのでコーヒーの代わりに紅茶に差し替えてみてはいかがでしょうか。健康の為です。

身体を冷やす食品、温める食品をご紹介いたします。-------3 (2017.3.8 記)

今回は調味料などをご紹介いたします。身体を温める調味料として特にお勧めしたいのがしょうが、唐辛子です。ナスを
炒めるときはしょうがを混ぜますが、これはナスが夏野菜なので身体の冷やしすぎをしょうがで防止するわけです。しょうがは
いろいろな料理に使えるので覚えておくと便利ですよ。


syouga 78.jpg



身体を冷やす食品、温める食品をご紹介いたします。-------4 (2017.3.9  記)


身体を冷やす食品でも温める食品でもないものもあります。これを漢方医学では「平」と言います。「平」の食品のうち
主なものを挙げてみました。


肉・魚類--------牛肉、イカ、スズキ、牡蠣など
果物、野菜-------春菊、玉ねぎ、リンゴ、レモンなど
穀物------------トウモロコシ、大豆、ごまなど
調味料---------黒砂糖、はちみつ、など    です。


T 32.jpg




カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
火~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日
第一・第三火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ