当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す治療院です。

カイロプラクティック ファイン


女性へのアドバイス ご案内

このコーナーでは、特に女性の方に読んでいただきたいコーナーです。これは私の持論ですが、 女性の方が健康管理は男性より難しいです。なぜ難しいのか?特に気をつけなければいけないW1.jpg点などを丁寧に解説させていただきます。

私が「女性の方が健康管理は難しい。」と断言している理由をご説明いたします。

1.女性の方が身体が冷えやすい。    
 別の章でも説明いたしますが、現在不健康になる最大の原因は「身体の冷え」です。実は女性の方が身体が冷えやすいのです。体熱は内臓と筋肉で生成されます。女性の方が筋肉の量が少ないので身体が冷えやすいのです、身体冷えを訴える方に女性が多いのは主にこのためです。
2.女性は生理があり出産する。
 出産をすれば骨盤は歪みます。実はこのことに気が付いていないまま、そのままにしておくといろいろな体調不良を起こします。さらに生理もあるのでもともと普段の
健康管理も大変です。男性よりも健康に対する意識を高く持ちましょう。


    女性へのアドバイス 1 股関節の仕組みを理解しましょう。


まず、股関節の仕組みを理解しましょう。実は男性と女性で身体の構造が最も異なるのがこの股関節です。そして残念ながら、女性

K21.jpgの方が健康上不利な構造となっております。ここで股関節の仕組みを説明させていただきます。
股関節は上図のように大腿骨頭という丸い部分が骨盤の穴(臼蓋といいます)に入って足を動かす仕組みになっています。そして、この臼蓋の大きさが男性よりも小さいのです。ギリギリの状態で接合しています・従いまして女性の場合大腿骨頭がいったん歪んで臼蓋に入ってしまうと自力で修復するのはかなり難しいといえます。男性の場合は足をグルグル数回回転させればもとに戻ってくる場合も少なくないのですが女性は簡単には戻らないのが現実です。そしてそのまま放置しておくと歪んだままで固まってしまいその結果骨盤が傾きひいては腰痛・肩こりの原因となります。さらにО脚・X脚もこの大腿骨頭の入り方が傾いているので、それをひざで補正しているのです。骨盤からみて大腿骨頭が外に出ればО脚、内に入りすぎるとX脚になります。О脚・X脚でお悩みの方に女性が多いのはこのためです。ファインでは女性患者様には股関節を念入りにチェックしております。


女性へのアドバイス 2.コーヒーより紅茶を飲みましょう。

不健康になる最大の原因は「身体の冷え」です。そうなれば嗜好品飲料で簡単にできる「身体の冷え」防止策があります。コーヒーよりも紅茶を積極的に飲みましょう。コーヒーはアフリカ原産の飲料で身体を冷やします。逆に紅茶は身体を温める嗜好品飲料として知られています。一時「生姜紅茶」が話題になりました。これは理にかなっています。紅茶も生姜も身体を温める食品です。一日にコーヒーを3杯飲むのならそのうち1杯を紅茶に変えてみましょう。


kou11.jpg


女性へのアドバイス 3 必ず入浴しよう

毎日必ず入浴しましょう。決してシャワーだけで済まさないようにして下さい。熱は温かい所から冷たい所へ流れます。我々は普段21度~23度の中で生活しているので身体の体熱は奪われます。我々の体温は36.5度だからです。つまり、毎日身体が冷え切っているのです。それを補うのが入浴であり、食事、特に朝食です。
NYU 11.jpg      (2016.12.7 記)



女性へのアドバイス 4 朝食を必ず取ろう

3 でも述べましたが、我々の身体は常に「冷え」の危険にさらされており、それを補うのが入浴でありもう一つ大切なのが朝食です。朝食を取らない方も増えていますがこれはほめられたものではありません。できれば和食、温かいご飯と暖かいみそ汁で身体を温めましょう。朝は身体が最も冷えている時です。

BRAKEFAST.jpg   (2016.12.7 記)

女性へのアドバイス 5 妊娠、出産をしたら栄養をしっかりと摂りましょう

妊娠すると胎児が栄養を持っていきます。悪い言い方ですが「強奪」するかのように胎児に栄養がいきます。その為母体はどうしても栄養不足になります。動物番組「ダーウィンが来た」でも出産後のキリンが森へ入ってしっかりと多めに草木を食べていました。動物は本能的にわかるのですね。しかし、人間はこのことに気が付いていない方が案外多いんですよ。

NINSIN.png


カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
火~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日
第一・第三火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ