当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す治療院です。

カイロプラクティック ファイン


女性へのアドバイス ご案内

このコーナーでは、特に女性の方に読んでいただきたいコーナーです。これは私の持論ですが、 女性の方が健康管理は男性より難しいです。なぜ難しいのか?特に気をつけなければいけないW1.jpg点などを丁寧に解説させていただきます。

私が「女性の方が健康管理は難しい。」と断言している理由をご説明いたします。

1.女性の方が身体が冷えやすい。    

 別の章でも説明いたしますが、現在不健康になる最大の原因は「身体の冷え」です。実は女性の方が身体が冷えやすいのです。体熱は内臓と筋肉で生成されます。女性の方が筋肉の量が少ないので身体が冷えやすいのです、身体冷えを訴える方に女性が多いのは主にこのためです。

2.女性は生理があり出産する。

 出産をすれば骨盤は歪みます。実はこのことに気が付いていないまま、そのままにしておくといろいろな体調不良を起こします。さらに生理もあるのでもともと普段の健康管理も大変です。男性よりも健康に対する意識を高く持ちましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

女性へのアドバイス 37   年齢を重ねると気を付けなければならないこと 1 (2017.12.12 記)
 

年齢を重ねると気を付けなければならないこと 1 青色の識別が衰えます。年齢を重ねると青色が識別しにくくなり、白色と勘違いしてしまうことがあります。例えば、ガスコンロの火が白く見えて火をつけていたのに気がつかなくて消し忘れ火事になった事例もあります。気を付けてくださいね。
g 65.jpg

 

女性へのアドバイス 36    整体とカイロプラクティックではどう違う?(2017.12.8 記)

カイロプラクティックと整体とではどう違うのですか? 実はこれが一番よく聞く質問です。詳しくはトップページから目次欄のところにもあるのですが、整体は中国から、カイロプラクティックはアメリカから入ってきた健康法です。詳しくはhttp://www.fine-anjo.com/pages/criminate/000272.html を見ていただければお判りになると思いますが、いずれにしても背骨が曲がっていたり、歪んだ姿勢では身体のどこかに不調が起きることです。整体もカイロプラクティックも背骨、骨盤を正常な位置に戻します。それが結果的に腰痛、肩こり、頭痛などから解放されるのです。従いまして、身体が歪みやすくなるような行為は極力やめていただきたいです。例えば座るときに足を組むのはやめましょう、とか。足を組めば骨盤にかかるかかる負荷が違ってきて骨盤が傾きますね。このようなことをやめていただきたい、というわけです。
BANN.jpg

女性へのアドバイス 35  サウナに入ったら  (2017.11.28 記)

サウナに入ったことはあるかと思います。サウナで5分以上入れますか?かつての私は、身体が冷えていたのでしょうね。サウナに入っても汗を掻きませんでした。また、5分以上入れませんでした。サウナの出入り口近くに浴槽があると大変参考になるのですが、サウナの出入り口近くの浴槽でサウナに入る人、出る人の姿勢を見るととても勉強になります。姿勢の良い方ほどほど良い汗を掻いています。一度見てみて下さい。
sauna    88.jpg

女性へのアドバイス 34    摂取カロリーが足りない (2017.11.25 記)

NHKのニュースウォッチ9 で出た話題をご紹介いたします。今の若い女性は(20代~30代)は一日の摂取カロリーが少ないのが懸念されていることでした。女性の社会進出で男性並みに残業されている方もいらっしゃいます。また、お昼休みにも簡単な食事しか摂っておらず、カロリー不足が指摘されていることでした。これが懸念される理由としては、生まれて来る赤ちゃんが未熟児が多いといったデータが出たのです。だいたい2500g~2700gぐらいだそうです。健康な赤ちゃんは3000gです。以前ご紹介した「ハモンズの法則」--------食事の準備~後片付に要する時間が一世代ごとに約半分になる----が正に当てはまるわけですね。ここで懸念されるのがやはり栄養バランスです。また朝食を欠食されている方も多かったのには心配です。

mesi 54.jpg

食事はしっかりと摂りましょう。

女性へのアドバイス 33   こんな時は要注意--------(2017.11.10 記)

私が小学生高学年~高校生の時に不思議に感じたことがあります。それは朝、ミカンの皮がむけないのです。手に力が入らないのです。また、蓋えをひねって開ける飲み物もなかなか開けれませんでした。そして昼頃になるとミカンがむけたり、蓋をひねることが出来ました。当時、なぜだかわかりませんでした。このカイロプラクティックの世界に入って少し解って来た感じがあります。私の推測ですが、当時私は肩が凝り、鼻もよく詰まっていました。つまり、頸椎が圧迫された状態で寝ていたのではないかと思います。だから肩が凝ったし、鼻もよく詰まっていたのだと思います。そして、朝は、頸椎が圧迫されていた状態からまだ間もないので手に力が入らなかったのではないか?と思います。皆様も一度チェックしてみてください。朝起きた時に手に力が入るか?入らなかったら寝ている間に頸椎が圧迫されているかもしれませんよ。
TE   89.png


女性へのアドバイス 32   丸まって寝るのは--------??(2017.11.9 記)

施術中にある女性からこんな質問を受けました。「私は丸まって寝てしまう習慣があるのですが-----??」どうやらこの女性は丸まって寝るのは健康上良くないらしい、と薄々感じているようでしたが私の意見を聞きたいようでした。答えは良くないと思います。丸まって寝るのは寝ている間に肩が中へ入って肩が凝る原因にもなっているわけです。おそらくかけ布団が薄いか少ないので寒いから丸まって寝ているのでしょう。実はかつての私がそうでした。学生時代の私はこうでした。そして肩が凝りました。寝室を暖かくしたりかけ布団を厚めにしたりして足をしっかり伸ばして寝ましょうね。

sl  98.jpg

 

女性へのアドバイス 31   やっぱり入浴をしっかりしましょう。---------(2017.10.31 記)

今だから言えますが、私はカイロプラクティックの業界に入る前は肩がとても凝って「姿勢が悪い」とよく言われました。(笑)どうしてこんなに肩が凝って姿勢が悪くなったのか?いつから姿勢が悪くなったのか?暇な時に考えたことがあります。考えたあげく出た答えは「お風呂に入らなかった。」ことだと思います。中学生までは明らかに入浴回数が少なかったと思いました。そのためいつも寒がりでブルブル震えていました。でも、当時は入浴をほとんどしないのが寒がる原因だとは思いませんでした。したがって身体の代謝が悪く、汗もほとんど出なかったように思えます。なので、余計に肩が凝って来る、といった負のスパイラルに陥ったのでしょう。今、過去の生活習慣を振り返るとこの入浴不足が肩こり、姿勢の悪さの最大の原因だったと思います。

やっぱりしっかり入浴しましょうね。  私の体験から

n56.jpg

 

女性へのアドバイス 30    歯を治療しましょう。2-------(2017.10.27 記)

いつだったか忘れましたが当院にDMが来ました。その内容は歯科医を連携して相互に治療したらいいですよ、といった提案でした。その説明によると「骨格の歪みがなかったら歯ももっと早く回復できるのに」といった歯医者さんの本音が語られていました。差出人に問い合わせたら、「連携のあっせんはしません。ご自分で------」といった冷たい答え(笑)だったので歯科医との連携はお流れになりましたが、骨格の歪みと歯の治療とはやっぱり関係があるようです。ムシ歯をしっかりと治しておかないと腰痛、肩こり、頭痛を引き起こすのは学会も認めているのだと思われます。医学的根拠が足りないので広く知れ渡っていないですが。ご参考までに。

ha 908.jpg

女性へのアドバイス 29    歯を治療しましょう。--------(2017.10.22 記)

ある方が施術中に次のようなことを言われました。歯が痛くなったら肩こりも辛くなり、また、目をすぐに疲れやすくなったけど、むし歯を治療したら肩こりや目の疲れがずいぶん楽になってきた。です。これをカイロプラクティックの理論で説明しますと、歯疾患は頸椎(首の骨)の4番に影響か出ます。肩こりは隣の5番、目の疲れは隣の3番です。実際、この方の頸椎を調べてみると、頸椎の3、5番周辺が歪んでいましたので矯正致しました。肩こりがひどい場合ムシ歯ができている恐れもありますので歯のチェックも時々されるといいと思います。

ha 908.jpg

女性へのアドバイス 28 やっぱり足腰が大事-----------(2017.10.15 記)

休日に奈良の法隆寺を見学に行きました。途中の駅前で競輪のポスターがありました。職業柄どうしても姿勢を見てしまうのですが、健康には足腰の強化が大切で理想は競輪選手、とよく来院された方に言っております。こうやって競輪選手のポスターを見ていると、やっぱり姿勢がいいですね。猫背っぽい方はいません。足腰がしっかりとしているので全体のバランスがいいです。改めて健康のためには足腰が大切なんだ、と感じました。逆に足腰が衰えると、腰痛、肩こりが発症することも改めて感じました。

k34.jpg

 

女性へのアドバイス 27 やはり身体を温めることが大切です。-------(2017.10.14 記)

私事で恐縮ですが私は、不覚にも自転車で走行中、乗用車を避けようとした時にハンドルを切りそこなって転倒、腰を強打してしまいました。痛くて動けずしばらく休んでいましたが痛みが一向にひかず病院で精密検査を受けたら骨折していてしばらく安静にしなさい、といった診断でした。その後落ち着いてきたのですが朝、起きる時と起きて1時間以内はまだ腰が痛いです。1時間を経過するとだんだんと痛みが取れていきます。そして、最近感じたのですが、朝、入浴して身体を温めるとどんどん痛みが取れていきます。このことからの教訓は朝は身体が冷えて硬くなっているので痛いこと。入浴することで身体の冷えが解消されていくことです。やはり、身体を温めることが大切ですね。一日に一度は身体を温める行為をしましょう。入浴が一番いいですよ。腰痛や肩こりは筋肉が硬くなっています。筋肉の硬さを取りましょう。

kosi  56.jpg

 

女性へのアドバイス 26  冷えでお悩みの女性は多いです。-------(2017.10.6 記)


10月2日にネプリーグという夜19時に放送する番組(テレビのクイズ番組です)でパーセントバルーンというコーナーがあり、パーセントを推測して正解から誤差を差し引きした分の風船が割れていくものです。このクイズで「冷えで悩みを訴える女性は何%?」といった問題がありました。正解はなんと66%、約2/3ですね。冷えでお悩みの女性が多いことに改めて感じました。冷えは体調不良の元です。他っておくとどんどん体調が悪くなるのでお早めに解決しましょうね。もちろんファインに来ていただいてもいいですよ。(相談だけでもいいです)
H 12.jpg
 

 

女性へのアドバイス 25   日較差に注意しましょう。--------(2017.9.1 記)

まだまだ暑い日が続きますが、朝はかなり涼しくなって来ました。一日の中の気温の較差が大きくなってきたのです。これを日較差といいますが、骨格が歪んでいると、腰痛、肩こり、頭痛を引き起こすだけでなく、このような日較差にも対応しにくくなります。外部環境の適応力が低下してきます。なのでファインなどのカイロプラクティックへ行き、骨格の歪みをチェックしてもらうといいでしょうね。もちろん、弊店でもご来院歓迎いたします。

o3.jpg



女性へのアドバイス 24  だちょうを見習いましょう。--------(2017.8.29 記)

人間の身体は二本足で支えています。そのため非常に不安定なのです。細長い物体を安定して支えるためにはカメラの「三脚」のように足が最低3本必要なのです。それを二本足で支えているので足腰が弱れば腰痛、肩こり、頭痛などの症状が起こります。従いまして、我々は、だちょうのように足腰をしっかりと強くする必要があります。だちょうを尊敬しましょう。二本足で四本足の馬よりも速く走るのです。しっかりと歩いて足腰を鍛えましょう。

D1.jpg

 

女性へのアドバイス 23   夏は身体が冷えます。---------(2017.8.25 記)

夏は意外と身体が冷えます。なぜなら、室内では一日中エアコンにあたっているし、冷たいものをよく飲みます。そして入浴はせずシャワーのみになっていませんか?こうなると内臓が弱っていきます。特に夜中によくトイレに行くようになったら要注意です。腎臓が弱ってきた、と言ってもいいでしょう。

TOIRE.jpg

女性へのアドバイス 22   仰向けで寝ましょう。---------(2017.8.11 記)

睡眠時間も大切ですが、寝ている時の姿勢も大切です。必ず仰向けで寝ましょう。仰向けで寝ることによって寝返りなどの運動が促進され、背骨をまっすぐにしようと身体が自然に運動していきます。これが、ひいては腰痛、肩こり防止に予防策にもなるのです。

suiminn.jpg

女性へのアドバイス 21   日付が変わる前に寝ましょう---------(2017.8.8 記)

暑い日が続きますが、このような時期に睡眠不足に陥るとダメージが増大します。睡眠時間も大切ですが、同じ睡眠時間でも寝始める時刻によって疲労回復の度合いが違います。例えば睡眠時間が7時間としても23時~6時と午前2時~9時と比較すると、23時から寝始めた方が圧倒的に体調が良いです。実は、人間にも体内時計があり、日付が変わってから寝始めると体内に変調をきたすのです。ひいては腰痛、肩こり、頭痛の原因になりますね。日付が変わる前に寝ましょう。

suiminn.jpg
 

女性へのアドバイス 20   座るときに足を組むのはやっぱり良くないです。----------(2017.8.4 記)

初診の時によくある質問の中で「座るときに足を組むのはいけないのですか?」とお尋ねされる方が多いです。皆さん、足を組むのはいけないことは何となく理解されているようですがなぜいけないのかははっきりと理解されていないようです。足を組めば、左右の骨盤にかかる負荷が異なり、大きく負荷がかかった方の骨盤が下がっていきそうなると背骨が曲がっていきますね。これがひいては腰痛、肩こり、頭痛の原因となるのです。
asi 12.jpg
 

女性へのアドバイス 19  室内の最適な温度は?---------(2017.8.1.記)

総務省での指導ではオフィスの温度は28度とされております。しかし、実際には守られていないでしょう。実際、外回りの営業から帰ってきた方々には暑く感じるでしょう。しかし、エアコンの設定温度を低くすれば身体が冷えすぎて健康を害するマイナス面もあります。なので 室温はやはり27度~28度くらいに抑えたいものです。冷やしすぎると腰痛や肩こりが起こりやすくなりますよ。

女性へのアドバイス 18  蚊に刺されやすい人は--------(2017.7.28 記)

蚊など虫に刺されやすい方はカルシュウム不足と言えます。カルシュウムは不足すると骨からカルシュウムを全身へ送ります。まるで貯金を引き出しているようです。このカルシュウムは血液を通して全身に送り込みますので血液の中にはカルシュウムがたくさん入っています。このカルシュウムがたくさん入った血液は蚊にはとても美味しいらしいのです。カルシュウム不足は筋肉が硬くなり、腰痛、肩こりの原因となります。自分がカルシュウムが不足しているかどうかを確かめる一つの目安としてくださいませ。

KA 1.jpg

 女性へのアドバイス 17  寒冷じんましんに注意  (2017.7.25 記)

寒冷じんましんは冷たい水や風のように体温よりも低い物質に触れたり、温められた身体が冷やされたことで発症します。基本的には冬場に発症しやすいのですがエアコンの冷風などが原因で夏場でも寒冷じんましんになります。身体が急に冷たくなるたびに皮膚に発疹が出たり、温かいところから寒いところに移動するとかゆみが出てしまう人は寒冷じんましんの可能性が高いです。
以下の症状が診られたら寒冷じんましんの可能性がありますので、冷えが集中的に発生しないようにしましょう。また、身体の冷えは腰痛、肩こり、頭痛の元でもあります。気をつけて下さいね。

1.アイスクリームやジュースなどを飲むと、かゆくなる。
2.裸足で冷たいフローリングを歩くと足がかゆい。
3.寒がりで鳥肌が発生して関節などがかゆくなる。
4.冷たい風にあたると顔が部分的にかゆみを感じる。
5.温まった状態で冷たい場所に移るとかゆみを感じる。--------要注意です。

j 27.jpg

女性へのアドバイス 16   汗はすぐにふきましょう。 (2017.7.21記

いよいよ暑くなってきました。こうなると汗がたくさん出ます。ところが、汗を拭かないでおくと汗はやがては冷えて水を被ったことと同じような状態になります。こうなると身体が冷えて色々と不具合が起きていきます。何度も申し上げますが、不健康の最大の原因は「身体の冷え」ですので汗をかいたらすぐふきましょうね。 
 

ase     877.jpg

女性へのアドバイス 15  熱中症は夜でも発症する。 (2017.7.20 記)

熱中症は、当然ながら、気温の高い昼時に起こりやすいのですが、実は、夜でも発症する場合が多いのです。その理由として、夜は寝ている時は水分補給が出来ません。また、普段から腰痛、肩こりでお悩みの方は一般に筋肉が硬く、代謝が十分でない方が多いので、汗が出にくく身体の中が火事になったような状態になることが多いのです。また、昼間の疲れが一気に出ることもあります。ファインなどのカイロプラクティックで施術を受けて代謝力をアップさせることをお勧めいたします。
 

n 12.jpg

女性へのアドバイス 1 股関節の仕組みを理解しましょう。

まず、股関節の仕組みを理解しましょう。実は男性と女性で身体の構造が最も異なるのがこの股関節です。そして残念ながら、女性
 

K21.jpgの方が健康上不利な構造となっております。ここで股関節の仕組みを説明させていただきます。股関節は上図のように大腿骨頭という丸い部分が骨盤の穴(臼蓋といいます)に入って足を動かす仕組みになっています。そして、この臼蓋の大きさが男性よりも小さいのです。ギリギリの状態で接合しています・従いまして女性の場合大腿骨頭がいったん歪んで臼蓋に入ってしまうと自力で修復するのはかなり難しいといえます。男性の場合は足をグルグル数回回転させればもとに戻ってくる場合も少なくないのですが女性は簡単には戻らないのが現実です。そしてそのまま放置しておくと歪んだままで固まってしまいその結果骨盤が傾きひいては腰痛・肩こりの原因となります。さらにО脚・X脚もこの大腿骨頭の入り方が傾いているので、それをひざで補正しているのです。骨盤からみて大腿骨頭が外に出ればО脚、内に入りすぎるとX脚になります。О脚・X脚でお悩みの方に女性が多いのはこのためです。ファインでは女性患者様には股関節を念入りにチェックしております。

女性へのアドバイス 2.コーヒーより紅茶を飲みましょう。

不健康になる最大の原因は「身体の冷え」です。そうなれば嗜好品飲料で簡単にできる「身体の冷え」防止策があります。コーヒーよりも紅茶を積極的に飲みましょう。コーヒーはアフリカ原産の飲料で身体を冷やします。逆に紅茶は身体を温める嗜好品飲料として知られています。一時「生姜紅茶」が話題になりました。これは理にかなっています。紅茶も生姜も身体を温める食品です。一日にコーヒーを3杯飲むのならそのうち1杯を紅茶に変えてみましょう。

kou11.jpg



女性へのアドバイス 3 必ず入浴しよう

毎日必ず入浴しましょう。決してシャワーだけで済まさないようにして下さい。熱は温かい所から冷たい所へ流れます。我々は普段21度~23度の中で生活しているので身体の体熱は奪われます。我々の体温は36.5度だからです。つまり、毎日身体が冷え切っているのです。それを補うのが入浴であり、食事、特に朝食です。

NYU 11.jpg      (2016.12.7 記)

女性へのアドバイス 4 朝食を必ず取ろう

3 でも述べましたが、我々の身体は常に「冷え」の危険にさらされており、それを補うのが入浴でありもう一つ大切なのが朝食です。朝食を取らない方も増えていますがこれはほめられたものではありません。できれば和食、温かいご飯と暖かいみそ汁で身体を温めましょう。朝は身体が最も冷えている時です。

BRAKEFAST.jpg   (2016.12.7 記)


女性へのアドバイス 5 妊娠、出産をしたら栄養をしっかりと摂りましょう

妊娠すると胎児が栄養を持っていきます。悪い言い方ですが「強奪」するかのように胎児に栄養がいきます。その為母体はどうしても栄養不足になります。動物番組「ダーウィンが来た」でも出産後のキリンが森へ入ってしっかりと多めに草木を食べていました。動物は本能的にわかるのですね。しかし、人間はこのことに気が付いていない方が案外多いんですよ。

NINSIN.png


女性へのアドバイス 6  老化の原因は? (2017.3.1 記)

今回から「身体の冷え」に代わって「老化」「アンチエイジング」についての特集を組みます。同じ年齢でも若く見える方や老けて見える方がいらっしゃるのはどういうわけでしょうか?艦隊に言えば「身体の酸化」が大きく影響します。身体の酸化が進んでいると老化が促進し老けて見えます。ここで酸化の仕組みからしっかりと説明させていただきますので 楽しみにしていてくださいね。酸化とは例えば、リンゴを切った断面がだんだんと茶色に変色していくのをイメージしていただければ理解しやすいと思います。次回は酸化の仕組みを しっかりと説明させていただ来ます。お楽しみに。

sannka39.jpg


女性へのアドバイス  7 「老化」の犯人は活性酸素 (2017.3.2 記)

老化の原因は「身体の酸化」であることは説明させていただきました。では「身体の酸化」はどのようにして起こるのか?結論から言いますと、酸素を吸って生きている以上避けられないのが現状です。酸化はすべてが悪いわけではありません。例えばブドウ糖を酸化するとブドウ糖は分解してエネルギーを出します。このエネルギーを利用して私たちは生きているのです。ところが、鉄鋼などでもわかるように酸素は栄養素だけでなく、すべての物質を酸化します。そして酸素の1~2%は活性酸素となって細胞や内臓、染色体とあらゆる物質を酸化させます。つまり、サビを作るのです。細胞が酸化すれば、細胞膜が死滅してシミ、シワなどが発生しやすくなります。老化防止のためにはこの活性酸素の発生をいかにして抑えるかがカギとなってきます。

rouka  56.jpg
 

女性へのアドバイス 8 老化防止--------活性酸素をいかにして抑えるか?(2017.3.3 記)

老化の原因は活性酸素であることは説明いたしました。ではこの活性酸素をいかにして抑えるかが問題となります。活性酸素を抑える栄養素はビタミンCやポリフェノールです。 特にビタミンCは重要です。なぜならビタミンCは体内で生成されないので摂取するしかないのです。ビタミンCを多く含む食品はミカンなどの柑橘類です。ミカンなどの柑橘類を多く摂取しましょう。

mikann    12.jpg

女性へのアドバイス 9 花粉症対策 (2017.3.9 記)

いよいよ花粉症の季節になって木ました。花粉症はいうまでもなくとっても辛い、ですね。残念ながら花粉症などアレルギー反応を根本から治療する薬はありません。なので己の免疫力(体内に発生した細菌、ウィルスなど撃退する力)を向上させるしか方法はないのです。これは健康管理士一般指導員のテキストにも載っております。 従いまして、免疫力を低下しないようにする事が大切です。免疫力の低下をどうしたら防止出来るのか、を中心にお話しいたします。

kafun 11.jpg

女性へのアドバイス 10  (2017.3.10 記)

免疫力をどうやって高めるか?逆に免疫力が落ちる場合はどんな時か?と考えると解りやすいです。

1.疲労、睡眠不足-----------実際、私も疲れた時に蕁麻疹が出たこともありました。アレルギーは疲労から来る免疫力低下から起こった例です。
2.栄養不足------------------特にカルシュウムです。カルシュウムが不足すると体内からカルシュウムを引き出して細胞内に付着します。これが細胞の働きを阻害いたします。

 

neru  91.jpg



 

主な原因はこの二つです。 睡眠をしっかり取りましょう。

女性へのアドバイス 11   「 ハイヒールは腰痛の元」(2017.3.14  記)

おしゃれの意味でハイヒールで外出される方も多いとは思います。ハイヒールはかかとが上がり、 重心が前に傾く傾向にあります。すると、横から姿勢を見た場合、腰が前に出て、上半身の重みが 腰に集中する姿勢になりやすいのです。こうなると 腰痛、ひいては肩こりの原因になりかねないのです。 こういった理由でハイヒールは健康面から見るとあまりお勧めできません。

HIGH HEEL.jpg   

腰に上半身の重みが集中しやすくなりますね


女性へのアドバイス 12  「ハイヒールがもたらす弊害」 (2017.3.17 記)

ハイヒールはもともと細長くできていますので、脚の幅が圧迫されています。このため最も怖いのが外反母趾です。足の親指が曲ってしまう状態です。足の親指は内臓から、目、耳などの急所となる神経が集中している所なので、この親指の位置が正常ではないと、健康面にも悪い影響が出てきます。実際、脚の親指周辺を押圧するだけで、その方の健康状態がだいたいわかるほどです。

 

GAIHANNBOSHI.jpg



女性へのアドバイス 13   不健康になる原因は身体の冷えと身体の酸化 (2017.3.22 記)
 

不健康になる最大の原因は「身体の冷え」であることは以前お伝えいたしました。実は不健康になる大きな原因にはもう一つあります。それは「身体の酸化」です。機械が錆びていくイメージです。可動域が悪くなり、身体が歪んだまま元に戻らなくなります。腰痛や肩こりがなかなか良くならないのはこの「身体の酸化」も影響しているのです。
次回から「身体の酸化」について詳しくシリーズでお伝えしていきますね。

090.jpg
 

女性へのアドバイス 13  不健康になる原因は身体の冷えと身体の酸化 2(2017.3.24 記)

すべての物質は酸素に触れています。このため「酸化」するのです。自動車などの機械も空気(酸素)に触れて劣化していきます。そして新車のような走り方が出来なくなり、 動きが鈍くなっていきます。部分部分が錆びていくのですね。実は、人間の身体も酸素に触れて劣化していきます。したがって、「老化」は「身体の酸化」が促進してきたと言えるでしょう。空気に触れることは身体の表面だけではありません。体内でも酸素に触れることがあるのです。我々は酸素を吸って生きています。この酸素のうち1~2%が暴れ出します。 これを「活性酸素」と言います。この活性酸素が体内を痛めるのです。次回はこの活性酸素がどのようにして暴れ出すのかを説明させていただきます。

 

sabi.jpg


女性へのアドバイス 14  不健康になる原因は身体の冷えと身体の酸化 3(2017.3.31 記)

 

活性酸素が身体を痛める過程についてお話いたします。まず、我々は空気を吸います。この吸った酸素のうち、1~2%が活性酸素となります。この活性酸素が細胞、内臓、肌などを痛めます。酸化=老化と言われるように活性酸素による老化が大きいと老けたように見られます。肌ではシミなどが増えます。そしてもう一つ恐ろしい点があります。骨格が歪んだ部分が酸化して錆びてくると固まってしまうのです。このような方はカイロプラクティックなどで骨格の歪みを取ってもすぐに戻ってしまうのです。カイロプラクティックなどで施術を受けても、維持力がある方とすぐにまた戻って歪んでしまう方の違いはここにあるのです。

rouka  56.jpg



「女性必読! 短期集中型!春から始めるダイエット法 1」   (2017.4.1 記)
 

さて、女性にとってはいよいよダイエットの季節となってきました。しかし、残念ながら正しいダイエットをしないで返って身体を壊したり、ダイエットが上手くいかなかった、といったお話をよく聞きます。正しいダイエットをしましょう。ここでは正しいダイエットの方法をお話いたします。期待してくださいね。
 

NNN.jpg



「女性必読! 短期集中型!春から始めるダイエット法 2」    (2017.4 5 記)
 

かつて私は体重が70㎏ありました。身長が167cmですので太りすぎですね。(笑)標準的な体重は(身長-100)×90%です。なので167cmなら(167-100)×90%=60.3kgですね。そしておそらく大多数の女性が目標としているスマートと思われる体重、いわゆる「美容体重」は(身長-100)×80%となります。つまり、身長167cmなら(167-100)×80%=53.6kgとなります。現在の私は61㎏です。何事もそうですが目標の設定が大切です。まずは目標を定めましょう。目安として

標準体重  (標準的な体重です。       (身長-100) × 90%
美容体重 (モデル並みの体型となります。)  (身長-100)  × 80% 
例 ; 身長 160cmなら   標準体重 (160-100) × 90% =54kg  
美容体重なら (160-100) × 80% = 48kgとなります。
次回はやってはいけないダイエットの方法をご紹介いたします。


 

himan.jpg



「女性必読! 短期集中型!春から始めるダイエット法 3」  (2017.4.11記)

 

ダイエットの基本的な考え方は

1.老廃物や脂肪の排泄力を向上させる。
2.身体が必要としている主要な栄養素はカットしてはいけない、ことです。

なぜ太ったか?我々は加齢と共に代謝力、あるいは排泄力が低下していきます。そして老廃物、脂肪、宿便などが溜まっていくのです。したがって、これらの不要物をしっかりっと吐き出すおが正しいダイエットです。絶食は身体が必要としている栄養素までカットしてしまうので「痩せた」よりも「やつれた」感じになります。これでは身体が持ちません。また、リンゴ、バナナなどの単品ダイエットもお勧めできません。過去にいろいろな単品でダイエット方法が紹介されましたが成功した、といった事例を聞きません。
従いまして上記1の老廃物や脂肪の排泄力の向上を目指します。具体的には

A;骨格の歪みを取って代謝力を上げる。
B;体温を上げて代謝力を上げる
C;ある栄養素○○○○をしっかりと補給する。です。これで私は標準体重に戻りました。次回はこのA~Cを具体的に説明 させていただきます。

 

SSS.jpg









 






 

カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
火~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日
第一・第三火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ