当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す整体院です。

カイロプラクティック ファイン


女性へのアドバイス 7(2018.2.7~2018.3.7)

このコーナーでは、特に女性の方に読んでいただきたいコーナーです。これは私の持論ですが、 女性の方が健康管理は男性より難しいです。なぜ難しいのか?特に気をつけなければいけないW1.jpg点などを丁寧に解説させていただきます。

私が「女性の方が健康管理は難しい。」と断言している理由をご説明いたします。

1.女性の方が身体が冷えやすい。    

 別の章でも説明いたしますが、現在不健康になる最大の原因は「身体の冷え」です。実は女性の方が身体が冷えやすいのです。体熱は内臓と筋肉で生成されます。女性の方が筋肉の量が少ないので身体が冷えやすいのです、身体冷えを訴える方に女性が多いのは主にこのためです。

2.女性は生理があり出産する。

 出産をすれば骨盤は歪みます。実はこのことに気が付いていないまま、そのままにしておくといろいろな体調不良を起こします。さらに生理もあるのでもともと普段の健康管理も大変です。男性よりも健康に対する意識を高く持ちましょう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

腰痛を一瞬で解消する方法 (2018.3.7 記)

施術中にある方に「腰痛を一瞬で解消する方法があるけど聞いてみたい?」とお尋ねすると「はい。」と言われまいしたので、こう答えました。「月に住むこと!」月の重力は地球の1/6です。なので腰にかかる負荷も1/6になります。よって腰痛からも解放される------というもの。(笑)どう見ても現実的ではないですね。つまり、腰痛を解消するためには「座る時に足を組まない」から始まり、カルシュウムなどをしっかりと摂取し、適度な運動をして入浴をしっかりして身体を温める------など日常の努力が必要なわけです。このことをわかっていただきたかったのでちょっと意地悪な質疑応答をしたわけです。

Y89.jpg

骨粗しょう症は日本人女性が一番多くかかる?(2018.2.28 記)

確実なデータがあるのかどうかはわかりませんが、ある記事で骨粗しょう症にかかった方を分析すると日本人女性が世界一かかっているとありました。世界一?は根拠が不鮮明で私は賛同しかねますが日本人が骨粗しょう症にかかりやすいのはわかります。その根拠は水でしょう。日本の飲料水はカルシュウム含有量が少ないのです。いわゆる「軟水」というものですね。欧米ではカルシュウム含有量の多い水質なのです。では、日本人の中でも女性なのか?これは閉経後の女性ホルモンの分泌や分泌バランスが関係しているようです。エストロゲンが全身に分配されないで起こりやすいようです。この件についてはもっと勉強してまた後日書きますがいずれにしても我々はカルシュウム摂取に対して欧米と比較するとハンディキャップがあると言えるでしょう。骨が弱くなれば腰痛や肩こりだけでなく、65歳~70歳あたりから膝が痛くなってきます。気をつけましょう。

hone    88.jpg

筋力低下は早く現れる。(2018.2.24 記)

私のことですが、私は3年前に腎臓にウィルスが入ったようで身体に異常を感じ一か月ほど入院しました。そして悪いことに痛風を併発し足が痛いので全く動けない日が続きました。余談ですが、腎臓が弱るとどうも痛風になりやすいです。また、痛風は遺伝的な要素もあるようです。そして退院して家に帰ったら二階の階段を登ることができず、はって登ったことを覚えています。わずか一か月で足の筋力がこんなにも衰えるのか?とびっくりしました。したがってここでの教訓は常に歩いて足腰を鍛えることの大切さです。足腰が衰えると身体が傾きひいては腰痛、肩こりが発症いたします。

nyuuinn 21.jpg

戦前の日本の生活様式はトップレベル? 2(2018.2.23 記)

今日は先日の3番、WHОによると戦前の日本の生活様式はトップレベルである根拠「朝食が素晴らしい」について説明させていただきます。まず、玄米、そしてカルシュウムが豊富な小魚とみそ汁の中のわかめなどの海藻類、これによってカルシュウムが十分に補給されさらにみそ汁は身体を温めます。このように普段不足しがちなカルシュウムなどのミネラル類が豊富にあり、さらに納豆などの発酵食品もあります。また、1977年に発表されたアメリカのマクガバンレポートには「日本の元禄時代の食生活を模範にせよ。」と主張しています。マクガバンレポートとは、アメリカ人の平均寿命が短いことが問題となり、フォード大統領の指示で上院議員のマクガバンが「国民が栄養についてもっと考え、肉食中心の食生活からバランスの良い食生活をするべきだ。」と膨大なレポートを発表したのです。

朝食.jpg

戦前の日本の生活様式はトップレベル? 1(2018.2.22記)

WHO(世界保健機構)によると、戦前の日本の生活様式はトップレベルと言ってもいいぐらい健康に関して理想的なものです。ビックリするかもしれませんが、理にかなっています。例えば

  1. トイレは和式である、

  2. 寝具はベッドではなくて布団である。

  3. 朝食が素晴らしい。

  4. 床が畳である。

などの点です。1.2については先日「スポーツ選手で成功したかったらトイレを和式にせよ。」でも説明した通り、自然と足腰が鍛えられます。布団を毎日押入れに入れることでも自然に足腰が鍛えられますね。そして4番。畳は湿度を調整する能力があります。これを「畳は呼吸する。」と読んでいますが畳は外部の環境に応じて湿度を変えてくれます。3については長くなるので次回に説明させていただきます。

TATAMI    88.jpg

スポーツ選手で成功したかったら?(2018.2.19 記)

もし、アスリートとして成功したかったり、お子様がアスリートを目指しておられるのであれば、トイレを和式にするべきでしょう。どうして?という声が聞こえてきそうですが、かつて、あるプロ野球選手が現役を引退されて評論家として最初に随筆を書くように言われたそうです。その時の最初の随筆が「プロ野球選手を目指すのならトイレは和式にせよ。」でした。現在は洋式トイレが全盛の時代です。確かに洋式トイレの方が楽ですのでホテル、百貨店などの客用施設では洋式トイレになっています。しかし、和式トイレは足腰が十分に鍛えられます。知らず知らずのうちに足腰が鍛えられます。家のトイレが洋式トイレならスーパーや百貨店などで積極的に和式トイレを使いましょう。また、足腰が強くなれば姿勢がよくなり腰痛や肩こりの防止にもなります。

W    TOIRE.jpg

ラジオ体操の意味は?(2018.2.15 記)

愛知県安城市周辺は自動車や自動車部品製造が盛んな地域で、皆様も自動車、自動車部品製造工場へご出勤されている方が多いです。そこで、ある患者様から聞いたのが「朝、工場で一斉にラジオ体操をする。」そうです。確かに健康上大変好ましいですね。でもなぜ朝にラジオ体操をするのか考えたことがありますか?朝は一日のうちで体温が最も低く身体も硬くなっているからです。ですので、朝、会社や工場などでラジオ体操をする時は誰よりも真剣にやりましょう。仕事の効率も違いますよ。もちろん、腰痛や肩こりも最小限に押さえることができます。

radio     94.jpg

出張する時のアドバイス(2018.2.7 記)

最近では女性の社会進出が進み、女性でも営業などで出張される方が多くなってきました。私の施術院でも女性でアメリカや中近東などへ一週間出張される方もいらっしゃいます。これは稀な例としても国内での出張は当然あるかと思います。そこでビジネスホテルの選び方ですが「硬いベッド」が敷いてあるホテルがいいです。柔らかいベッドは腰が沈んで疲れが取れず、逆に腰に大きな負担が掛かってかえって腰が痛くなることがあります。お勧めは「ルートイン」チェーン店です。ベッドが硬くて腰も痛くならないし疲れも良く取れます。朝食も美味しいです。駅から若干遠い所もありますが、それでも泊まるだけの価値があると思います。

BED    98.jpg

カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
水~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日、火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ