当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す治療院です。

カイロプラクティック ファイン


健康クイズコーナー

このコーナーでは健康に対する簡単なクイズを出題いたします。出題は毎週水曜日、解説を毎週日曜日に更新いたします。
ほとんど選択式なので皆様も一度考えて見てくださいね。楽しみながら自然と健康に対する知識・認識が向上しますよ。

q121.jpg    q122.jpg



------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
健康クイズ 第13問 解説 (2017.11.19 記)

正解は1です。ハモンズはアメリカの統計学者で、彼は食事の準備、後片付に要する時間を
研究しその結果一世代ごとに約半分になるという結論を出しました。ここで注意しなければいけないのが、我々の食生活では栄養のバランスが非常に摂りにくいことです。今の時代は
スピードの面では便利になっていますが栄養のバランスに注意しましょう。
L 1.jpg


健康クイズ 第13問 出題 (2017.11.15 記)


「ハモンズの法則」とはどんな法則でしょうか?次のうち正しいのはどれでしょうか。

1.食事の準備、後片付けに要する時間が一世代ごとに約半分になる。
2.人間を含め、哺乳類動物は寒いところへ行くほど体型が大きくなる。
3.肩が凝ったり頭痛がしたらファインへ行きたくなる。


mesi 54.jpg




健康クイズ 第12問 解説 (2017.11.12 記)

タンパク質が多く含まれているのは 1と3ですが、1の牛肉は値段が高く毎日のように摂取するのは難しいでしょう。植物性タンパク質の豆腐ならタンパク質をしっかりと摂取できますね。

toh  54.jpg

健康クイズ 第12問 出題 (2017.11.8 記)

我々はタンパク質を多く摂取する必要がありますが、次のうち単価が安くてタンパク質がたくさん含まれている食品はどれでしょうか?

1.牛肉 2.オレンジ 3、豆腐


daizu 67.jpg  (ヒント:原料は左の写真です)

健康クイズ 第11問 解説 (2017.11.5 記)

漢方医学では腰痛、肩こり、手足の冷え、頭痛などの不調が出るのを「未病」(未だ病に至らず)といいます。つまり、病とは言わないが、調子が悪いことを意味します。これは、背骨や骨盤の歪みから起因している場合が多いので、このような状況になったらカイロプラクティックへ行ってお身体を診てもらいましょう。



健康クイズ 第11問 出題(2017.11.1 記)

問題;腰痛、肩こり、手足の冷え、頭痛などの症状が出て「病気ではないけど調子が良くない。」といった状態を主に西洋医学では「半健康」と言いますが、漢方医学では何というでしょうか。次のうちから選んでください。

1.半病 2.未病 3.いまいち病

H 12.jpg






健康クイズ 第10問 解説 (2017.10.29 記)

カルシュウムの働きの中に、「筋肉の収縮」作用があります。逆を言えばカルシュウム不足になりますと、筋肉が硬くなります。ここが怖いのです。内臓も筋肉なので心臓も硬くなります。心筋梗塞は読んで字のごとく「心臓の筋肉が固まって閉塞した」状態です。よってカルシュウム不足と関係がありますね。一般にはカルシュウム不足になりますと筋肉が硬くなり、腰痛、肩こりなどが発症します。




健康クイズ 第10問  出題(2017.10.25 記)

心臓病のうち心筋梗塞はカルシュウム不足と関係があるでしょうか?

1.関係がない。 2.関係がある場合が多い。


S3.jpg

健康クイズ 第9問 解説(2017.10.22 記)

正解は3の足の根性不足です。足が冷たい場合、足の末端までの血流が滞っている場合が多いですね。その原因は骨格の歪みであったり。栄養不足であったりします。根性とは直接関係はありません。

健康クイズ 第9問 出題(2017.10.18 記)

問題;足が冷たくなるのはなぜでしょうか?次のうち、最も妥当ではないものはどれでしょう?

1.栄養不足 2.骨盤の歪み 3.足の根性不足
hie  5.jpg

健康クイズ 第8問 解説 (2017.10.17記)

正解は 2 の「飛び出る」という意味です。上からの圧迫により、背骨の間の椎間板が飛び出て、脊髄神経に触れる状態になると猛烈な痛みを生じます。これが「椎間板ヘルニア」です。主に腰椎に現れる症状で普段の腰痛よりも激しい痛みが発症します。

健康クイズ 第8問 出題 (2017.9.6 記)

ヘルニア」とは元来どういう意味(語源)でしょうか?

1.腰痛 2.飛び出る 3.痛い 4.腰 5.辛い
h3.jpg



健康クイズ 第7問 出題 (2017.8.30 記)

夜トイレに行く方は内臓のどこが弱っていると考えられるでしょうか?次のうちから選んでください。

1.肝臓 2.腎臓 3.膵臓 4.心臓

TOIRE.jpg
健康クイズ 第7問 解説 (2017.9.3 記)

正解は 2の腎臓です。腎臓は尿などの排泄機能を担う役割です。したがってトイレが近くなったら腎臓機能が低下していると言っていいでしょう。

健康クイズ 第6問 出題 (2017.8.23 記)

マムシに咬まれた時の対処方法として次のA Bどちらが正しいでしょうか。

A ; すぐに止血して救急車を呼ぶなどして病院に行って血清を打ってもらう。
B ; 命を諦め、残された家族の為に遺書を書くなどの行動をとる。 


夏のサービス問題です。(笑)

健康クイズ 第6問  解説 (2017.8.27 記)

正解はAです。マムシに咬まれても遺書を書くほどではありません。



健康クイズ 第5問 解説  (2017.8.13 記)
正解は1の併発しやすいです。腰が痛い、いわゆる腰痛は背骨が歪んでいることに起因します。これを放置すると、症状がだんだんと肩、首の方に出始めます。これが肩こりです。肩こりの原因の大半は背骨の歪みであり、過去に腰痛も発生した方が圧倒的です。

S1134.jpg

健康クイズ 第5問 出題  (2017.8.9 記)

問題;腰痛と肩こりは併発しやすいでしょうか?

1.併発しやすい  2.関係ない   どちらでしょう?

kosi  56.jpg


健康クイズ 第4問 解説   (2017.8.6  記)


正解は 1 の「関係あることが多いです。」特に頸椎(首の骨です。)の3番周辺が歪んでくると目が疲れやすくなります。頸椎3番周辺から目へ行く神経、血管が流れていきます。したがって、頸椎3番周辺が歪むと血行や神経伝達が悪くなるので、目の疲れ、頭痛、肩こりなどが発症することが多いのです。根性だけでは解決しません。


m3   11.jpg





健康クイズ 第4問 出題  (2017.8.2  記)


目がとても疲れる場合、多くの場合骨格の歪みが原因と考えられるでしょうか?

1.十分考えられる 2.関係ない。目の根性の問題


m3   11.jpg






健康クイズ 第3問 出題  (2017.7.26 記)

江戸時代、オランダの医学書「ターヘルアナトミア」を翻訳した「解体新書」は我が国初の西洋書物の翻訳書です。これにより、人体の構造が明確になってきました。この「解体新書」の著者は誰でしょうか?

A;伊能 忠敬 B;平賀 源内 C;杉田 玄白 D;前島 密

G 34.jpg


健康クイズ 第3問 解説(2017.7.30 記)

正解はCの杉田 玄白です。 オランダの医学書「ターヘルアナトミア」は人体の解剖を元に各臓器の位置、役割などを解説している我が国初めての西洋書物の翻訳書として知られています。これにより、人体の構造が明らかになってきました。

健康クイズ   第2問 出題 (2017.7.19記)

問題;次の見解は正しいでしょうか?

「熱中症は室内にいても発症する。」   1.正しい 2.正しくない

n 12.jpg



健康クイズ 第2問 解説(2017.7.23 記)

正解は 1 の「正しい」です。室内にいても高温、さらに湿度が高いと発汗しにくくなり、身体が火事になったような状態になります。このようなときに熱中症になりやすいですね。
気をつけましょう。





健康クイズ 第1問   (2017.7.12 紀)

すり減った靴をいつまでも履いているのは健康上好ましいでしょうか? 

1.好ましい  2.好ましくない


6761.jpg


健康クイズ 第1問 解説 (2017.7.16 記)

正解は2の「好ましくない」です。すり減った靴をいつまでも履いていると身体の重心が正常ではなくなり、骨盤が前後左右に傾いていきます。こうなると背骨が歪んでいきます。ひいては腰痛や肩こりの原因となるのです。靴がすり減ったなあ、と感じたら早めに靴の買い替えをお奨めいたします。












 

カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
火~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日
第一・第三火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ