当院は安城市で唯一整体と気導術を組み合わせた施術でつらい肩こりを根本改善を目指す治療院です。

カイロプラクティック ファイン


最近の傾向について 3(2018.2.8~4.7)

このコーナーでは院長の中根が施術を通して感じたこと、または出張で参加した講習・勉強会を通して習ったこと、感じたことを皆様にご紹介いたします。健康についての認識が高まりますよ
nattoku  11.jpg
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ハインリッヒの法則を応用して肩こりを考える(2018.4.7)

ではハインリッヒの法則を使って肩こりに至る過程、そして肩こりの後に予想される重大な疾患について考えてみましょう。ハインリッヒの法則でいう29の軽微な事故にあたるのが「肩が凝る」とすれば、前兆があるはずです。これが300の異常な状態になります。例えば

  1. パソコンやスマホのやりすぎ、しかもやっている時の姿勢が悪く、頭が前に出ている。
  2. 目が疲れてくる。
  3. 栄養のバランスが悪くなって筋肉が硬くなってきた。
  4. 最近、睡眠不足である。
  5. タバコをたくさん吸うようになった。
  6. インスタント食品をよく摂取するようになった。
  7. 手に持っていたものをよく落とす。
などが挙げられます。これらの症状とは言わないまでも異常が感じられ、対策を立てないといよいよ肩が凝ってきます。そして、これをほかっておくと、いよいよ重大な疾患が起こる場合があります。例えば、肩、首がとても硬くなり頭へ流れる血管が圧迫されて脳疾患、脳こうそく、脳溢血などが発症することもあります。このように、ハインリッヒの法則は色々と応用できるので身体の異常は早めに解消することが大病を防ぐ秘訣になりますね。
ハインリッヒN法則.gif

ハインリッヒの法則に学ぶ健康管理の秘訣(2018.4.6記)

ハインリッヒの法則というのをご存知でしょうか。この法則は、労働災害における経験則の一つであり、一つの重大事故の背景には29の軽微な事故があり、その背景には300の異常が存在するという法則です。ハインリッヒの法則は、とても実践的な法則といえます。この法則から導き出せる教訓として重大な事故というものは軽微な事故を防いでいれば発生しないものであるということです。この法則は色々な分野で適用・応用することができます。私はこのハインリッヒの法則を健康管理に応用してみました。
ハインリッヒN法則.gif

まず「ヒヤリとするような事故」ここに該当するのが健康管理でいえば軽い症状でしょう。例えば「目が疲れる」「朝起きてもボ~としている」「二日酔いをしてしまった」「最近疲れやすい」から始まり、「便秘で困る」「生理痛が激しくなった」などになるでしょうか。そして「軽微な事故」ここに該当するのがカイロプラクティックなどでいえば、いよいよ明らかな症状が出てお身体が辛くなる段階だと思います。例えば、「腰が痛くて動くのもイヤになった」「肩が上がらない」「首が右へ向かないので運転をしている時に困る」など日常生活に支障が出始める段階でしょう。もちろん、原因は普段の生活習慣に起因して起こる背骨・骨盤の歪みから起こります。そしてこれらをほかっておくといよいよ重大なことが起こります。ハインリッヒの法則でいう「重大な事故」に当たるのは例えば。内臓に疾患が現れ、入院しなければならないようなことが起きる時でしょう。明日は、このハインリッヒの法則を使って「肩こり」を具体的に説明してみましょう。

施術後にトイレ(2018.3.27記)

ある男性ですが、施術後に必ず当院のトイレに行く方がいらっしゃいます。これをどう解釈すればいいかお解りですか?これは、身体全体が良化している証ですね。当院で骨格の歪みを取り除いて代謝力が上がっていった、と解釈するのが最も妥当な見解だと思います。
toire   89.jpg

ギックリ骨盤(2018.3.21 記)

珍しい症例がありましたのでご紹介いたします。30代の男性でした。腰の辺りで「グキッ」と音がしてしばらくしたら腰周辺が痛くなってたまらなくなったそうです。こうなると普通は「ギックリ腰」ですね。ところがこの男性は腰周辺に痛みが発生していなくてむしろ、骨盤から臀部・または足の太ももの辺りが硬いしこりがありました。これは「ギックリ骨盤」ともいうべき症状です。つまり、腰周辺に異常で急速な力が加わって骨盤が下方に下がってしまったのです。そして、もっと調べてみるとやはり骨盤が下方に下がって起こる症状が数点見受けられました。現代では生活様式が多種多様になっているので上からの急速な重みが加わって骨盤が急に下方に歪んでもおかしいことではなくあり得ることです。しかし、初めての症例なので最初は戸惑いましたが3回の施術で正常に戻りまして、本人も喜んでおられましたこのように「腰が痛い」と言っても原因、部位によって対策が違います。腰痛は傷んだ部位や原因が一定だとは限らないのです。
kosi.png

犬のフンは硬いのか?(2018.3.13 記)

公園を歩いていてトイレに行ったときにこんな注意書きがありました。「犬のフンはこの便器に流さないで下さい。詰まる恐れがあります。」でした。犬のフンは便器が詰まるほど硬いのか?もしそうだとしたら人間と犬とで内臓の、特に消化器官の構造が違うのか?頭が迷走してきました。(笑)
inu   fun.jpg

水道水の影響は大きい(2018.3.8 記)

我々の体内で一番多く含んでいるのは何といっても水です。したがって飲料水の成分が重要になってきます。ところが残念なことに日本の飲料水はカルシュウム含有量が欧米諸国と比較すると少ないのが現状です。よって骨粗しょう症にもなりやすいし、筋肉の収縮作用が伴わず(カルシュウムの働きは骨格形成だけではなく血液凝固、筋肉の収縮、神経の興奮抑制などの働きがあります。詳細は栄養について学ぼうのページをご覧ください。)ひいては腰痛、肩こりも起こりやすいのです。いかに飲料水の影響が大きいか、このことをわかっていただく良い実例があります。北米とオーストラリアでは多くの自治体が安価な費用で効果を期待できるとの考えにより水道水へのフッ化物添加を実施しています。また、アイルランドでは国の法律で水道水フッ化を義務付けています。こうして虫歯を予防しているのです。日本ではカルシュウムを飲料水に添加するといいのではないかと思います。
ca   99.jpg

ドッグ整体??(2018.2.27 記)

25(日)は娘が通っているダンス&ミュージック専門学校の卒業公演がありましたので、見に行くために名古屋に行きました。地下鉄に乗って中心街へ向かう時に面白い広告を地下鉄車内で見つけました。なんと「ドッグ整体」え?犬も背骨などが歪むのか?犬・馬などの四つ足動物は人間と比較すると背骨・骨盤が四つ足の為安定しており歪みにくいと思うのですが-------人間がいろいろな曲芸などをさせるので背骨や骨盤が歪みだすのでしょうか?犬も整体を受ける時代なのだ、と感じました。生活様式が多様化していることを改めて感じました。
dog   87.jpg犬も曲芸などで二本足で長いこと歩いたら腰痛になりますよ。

筋肉が硬い(2018.2.21 記)

今はとても寒いですね。特に今年は強烈な寒さです。平均気温が平年よりも3度低いといわれておりますが、こうなってくるとどうしても筋肉が硬くなり血流が悪くなります。そして今まで以上に肩が凝ったり腰が痛くなったりします。筋肉が圧縮されて血管まで圧縮されてしまうので代謝が悪くなっていきますね。だから肩が凝ったり腰が痛くなりやすいのです。
k  66.jpg

嬉しいお話しです。(2018.2.12 記)

ファインに来院されている女性(40代)の方が息子さん(中3)を連れてきました。聞けば、体温が低く、集中力がなくて病院では精神外科で集中治療することを勧られたようです。しかし、精神外科は嫌だ、といって当院に来られました。予想通り骨格がかなり歪んでいました。そこで息子さんの施術を毎週金曜日にすることになったのですが、施術二回目終了後お母さまから「息子が元気に行ってきます!」と言って学習塾に行かれたそうです。今までそんなことはなく、ダラダラと行っていたそうです。カイロプラクティックは単なる腰痛、肩こりを解消する所ではなく、身体全体の健康度を上げていくものなのです。集中力、やる気などもアップするのです。
gennki     66.jpg

肩こりの方が腰痛よりも複雑です(2018.2.9 記)

肩こりの要因にはいろいろとあり、肩こりの回復には腰痛の回復よりも時間が掛かると思って良いでしょう。なぜなら、肩周辺には合計30種類ぐらいの筋肉があり、これらの圧迫された状態を元に戻すのには大変なのです。ある方の話ですが腰痛は5回の施術でほとんど回復して今日から肩を始めたのですが、肩周辺のいろいろな筋肉が硬く、とても5回では回復は難しいと思います。肩周辺の構造と腰周辺の構造を比較した場合、肩周辺の方が複雑ですね。なので原因もまちまち、平均すれば肩の回復の方が時間がかかるでしょう。
KATAKORI      95.jpg

カイロプラクティック ファインのご案内

住      所:
〒446-0073
愛知県安城市篠目町井山98-108
アクセス:
JR三河安城駅から徒歩12分
お問い合わせ・ご予約
0566-72-5703
営業時間:
火~金 10:00~21:00
土  09:00~21:00
日    09:00~18:00
休業日:
毎週月曜日
第一・第三火曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ