だちょうに思うこと(2019.5.8記)

folder未分類

私にはだちょうについて苦い思い出があります。もう30年くらい前の話ですが、私が百貨店に勤務しているときに夕方の休憩時間の時に隣の売場の素敵なお姉さまから(超美人でした)一緒に休憩することになり、色々とお話をしました。しばらくして鳥の話になり、「中根さんは好きな鳥は何?」と尋ねられ、私は迷いましたが、やがて「だちょう」と答えたらその美しいお姉さまは変な顔をして、それ以来、夕方の休憩のお誘いはありませんでした。(泣)しかし、カイロプラクティックの世界に入るとだちょうは尊敬するべき動物であることがわかりました。我々は二本足で立っていますので足が弱いと身体が歪み、腰や肩が辛くなってきます。なので、犬などほとんどの動物は四本足で動いているわけですね。ところが、だちょうは二本足にも関わらず馬よりも早く走ります。足腰が相当強いのでしょうね。足が強いだちょうを見習いましょう。詳しくは症状別見解のページの「骨盤矯正について」をご参照くださいね。(2018.5.8記)
だちょう 2.jpg